Q&A

よくあるご質問について

Q1 校舎はどこにありますか?

「こども芸術学院」が使用する校舎は、名古屋市中村区の専門学校 日本デザイナー芸術学院の校舎です。
専門学校の施設を利用しますので実習設備等の教育環境は抜群で、最寄りの地下鉄駅(中村区役所駅)から徒歩1分と大変アクセスの良い場所にあります。

Q2 「こども芸術学院」とは、どんな学校ですか?

「こども芸術学院」は、豊岡短期大学通信教育部こども学科の学習サポート校です。
午前中のみの通学カリキュラム・3年課程で、保育士国家資格と短期大学士の資格を取得することが可能です。

Q3 「こども芸術学院」の特徴は?

2018年4月の開校予定ですが、社会人の方が大半を占める学校と想定しています。
一般的な専門学校では、社会人の割合は極めて少なく、学ぶ環境で二の足を踏んでいた方が多くいましたが、「こども芸術学院」では、主に社会経験のある方が保育分野に関わっていくことが重要であると考えており、より積極的な受入れをすぺく社会人が学びやすいカリキュラムを導入しています。

Q4 「保育」と「アート」を一緒に勉強するの?

「こども芸術学院」を運営する学校法人敬道学園は、グラフィックデザインやイラストレーション、雑貨デザインなどを学ぶ専門学校が母体です。
創立から50年を迎える専門学校でのノウハウを保育の現場で活かしていきます。
近年、幼児期の発達段階において「アート」の役割が非常に注目されています。「こども芸術学院」では、レッジョ・エミリア・アプローチを中心としたアートの手法で、こどもの感性・創造力を養うことのできる保育士の育成を教育目標に置いていますので、入学後は幅広く子どもたちがワクワクするような教育手法を学んでいくことになるでしょう。

Q5 シングルマザー・ファザーが利用できる制度を教えてください

シングルマザー・ファザーの方は、国や自治体からの助成金が各種用意されており、申請者によっては、実質学費負担0円で入学することが可能です。
主な制度は、下記の通りです。
①高等職業馴練促進給付金⇒(返済不要の生活給付金)
②高等職業訓練促進資金貸付事業(金利O%学費貸付金)
 ※条件によっては、返済免除になります。
いずれの制度も適用条件等の確認の為、最寄りの区役所で事前相談が必要です。